環境教育ENVIRONMENTAL EDUCATION

 福井大学では、学生・教職員(ユニット代表者)に対し環境教育をおこなっています。

学生への環境教育

 毎年4月〜5月にかけて、新入生・在校生に対し環境教育を実施しています。(文京キャンパスは新入生のみ)

 学生向けの環境に関するパンフレット「環境を考えよう」をもとに、PDCA(Plan Do Check Action)サイクルや福井大学の実施目標、各キャンパスの分別ごみ箱の設置場所、ごみの分別方法、家電・弁当箱・紙コップ・ぺットボトルキャップののリサイクル、環境活動による効果などを教育しています。

環境を考えよう


教職員(ユニット代表者)への環境教育

ユニット代表者連絡会
 毎年9月に、各ユニット代表者対象のユニット代表者連絡会を開催し、環境教育を実施しています。

 福井大学の消費エネルギーや省エネ対策、環境活動による効果などを教育しています。ユニット代表者には研修内容をユニット構成員に教育してもらい、各ユニットで省エネ対策に努めています。

新採用職員への環境教育
 新採用職員に対しては、本学が取得しているISO14001について、新人研修の中でPDCAサイクルと本学の環境目標等を教育しています。


環境を心がけるために

福井大学では、常に環境問題を意識できるよう「環境方針カード」を学生・教職員に配布しています。氏名と自分が出来る環境活動を記入してもらい、環境を心がけています。


内部監査員養成研修講座

 福井大学では、環境ISO内部監査員としての専門知識や技量を習得するため、毎年教職員と学生を対象に内部監査員養成研修講座を実施しています。受講し修了した教職員・学生は、監査員として内部監査に参加しています。

内部監査について







キャンパス電力使用量

ブラウザに対応していないため表示できません。文京電力使用量からご覧下さい。

ブラウザに対応していないため表示できません。松岡電力使用量からご覧下さい。